ホーム > 木のことをもっと知ろう > 木の建物の事例 > 東部地域振興ふれあい拠点施設(愛称:ふれあいキューブ)

木のことをもっと知ろう

東部地域振興ふれあい拠点施設(愛称:ふれあいキューブ)

平成24年度木材利用優良施設表彰施設 林野庁長官賞受賞施設

この建物の基本コンセプトに「都市の森」を掲げ、CO2削減の最先端モデルとなる設計を目指している。
1〜4階を鉄骨造、5〜6階を耐火木造とするハイブリット構造は(カラマツ集成材と鉄骨)10,000㎡を越える高層建築物としては全国初の取組みである。
外観は木目調の市松模様が印象的なデザインとなっており、また、木造の耐震パネルともなっている。
この建物に使用されている木材は、樹種、強度等級、製造社名がラベリングされている。

▶ 住所 〒344-0064 埼玉県春日部市南1-1-7
▶ 延べ床面積 10,529.08㎡
▶ 主要樹種 スギ、カラマツ、アカマツ
▶ 施主 埼玉県・埼玉県春日部市
▶ 設計者

㈱山下設計

〒103-8542 東京都中央区日本橋小網町6-1

▶ 施工者

 ㈱銭高組北関東支店

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常磐1-2-21

木の建物の事例集トップに戻る