ホーム > お知らせ > 2/13(水)『東京大学で学ぶ!木の良さをデータで表す』が開催されます

各種講習会

2018.12.11

2/13(水)『東京大学で学ぶ!木の良さをデータで表す』が開催されます

木材協会会員各位

(一社)JBN 国産材委員会主催の研修会のご案内です。

JBN工務店の実務に役立つ木材の知識シリーズ 第4回

東京大学で学ぶ!木の良さをデータで表す

今年度の国産材委員会は、工務店の実務に役立つ国産材の知識と伝え方を提供します。

木材は健康に良いと誰もが感じていますが、具体的になぜ健康に良いのかを示すデータがあればお客様に理解してもらえるのにと思ったことのある人は数多くいらっしゃると思います。

今回の研修会では木を使うことによって私たちの体にどのようなメリットがあるかを、木材に含まれる成分の研究から科学的に実証されている恒次祐子先生に、木質空間がもつリラックス効果を表すデータを紹介していただきます。

お客様に木の良さをデータで表す実例を学んでいただき、明日からのビジネスにぜひお役立てください。

講 師:  東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授 恒次 祐子氏

日 時:  平成31年2月13日(水) 14:00~17:00    

会 場:  東京大学農学部フードサイエンス棟中島ホール

    (東京都文京区弥生1-1-1 東京メトロ南北線東大前駅下車徒歩5分)

対 象:  JBN会員、JBN連携団体会員・関係者等

参加費:  無料

定 員:  70名

申 込:  参加希望の方は下記画像をクリックして参加申込書(PDF)をダウンロードの上、FAXにてお申込みください。

 

FAX03-5540-6679(JBN事務局)

締 切:  2月6(水)

 ※埼玉県木材協会は、JBNに連携団体として加入しておりますので木協会員は研修会に参加できます。

ページトップ